スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVP311最終確認

TVP3.11にご参加の皆さま。
いよいよボランティアツアーの催行当日となりましたが、本日までにご案内させていただいた内容に関し、いくつかの変更点と補足がございますので、ご連絡させていただきます。


<変更点>
集合場所について
集合場所が変更になります。当初は公園中央の池でしたが、直接駐車場まで行ってバスに乗り込んでいただくことになります。基本的に公園までのルートは変わらず、それぞれのルートから来られた方を誘導する人員を公園内に置く予定です。

各駅からのアクセス
●JR原宿駅から
公園入り口(原宿門というゲートあり)から通路を真っ直ぐ進んでいただくと中央広場の池に着くことができます。そこからは、誘導役の指示に従って公園奥の駐車場まで歩いてください。駐車場の奥にバスが並んでいます。
※一番分かりやすいので、原宿駅から来られることをお勧めします。また、原宿駅前に限り誘導役を置きます。

●地下鉄千代田線代々木公園駅(四番出口)から
四番出口から出て右折、そのまま通りを進み、誘導役のいる公園の西口を過ぎてそのまま真っ直ぐ行くと集合場所の駐車場につきます。
(このルートも分かりやすいです。)

●小田急代々木八幡駅から
駅の北口を出て右折、直進します。そして、右手に見える小田急線の踏切を横断します。すると目の前に公園が見るんですが、それは代々木公園ではありません。その公園が見えたらその通りを左折、公園をなぞるように進んでいくと比較的大きな通りに出ます。ちょうど、目の前に代々木公園駅からのルートで説明した公園入り口(西口)が見えるはずです。通りを横断して後は、代々木公園駅ルートと同じです。

●渋谷方面から
NHK放送センターの横にあるケヤキ並木を直進するとイベント用のステージが見えます。その先に歩道橋があるのでそれを渡って真っ直ぐ進んでいただくと、中央広場の池前にたどりつけます。そこからは原宿駅からのルートと同じように誘導にしたがって進んでください。
(渋谷駅から徒歩で二十分近くかかるのでお勧めはしません。)


当日は公園内の地図の赤丸の部分に、「TVP3.11」と書かれたボードと懐中電灯をもった誘導役を置く予定です。
誘導役は20:30から配置につきます。集合時間は21:00ですが、早めの集合をお願いします。

417708_256226334464227_100002305882584_616565_1000653439_n.jpg



【集合時(3/10)の服装について】
当初は、当日集合する際に私服で来ていただき、途中で着替えていただくという予定でしたが、大人数での着替えは大幅な時間と場所を要することを懸念いたしまして、当日の服装はボランティア時の服装(ジャージ等)で集合していただきたいと思います。ただし、長靴のみは現地についてから履き替えていただくことになりますので、別にご持参ください。また、12日は私服で過ごしていただくことになりますので、その分の私服はご持参ください。

【持ち物について】
持ち物については、2点ほど変更点がございます。
1、食事について
当初の予定では、11日の朝と昼の分のお食事を持参していただくようご連絡いたしておりましたが、こちらのほうで2食分のお弁当をご用意させていただくことになりましたので、各自でのお食事のご準備は不要となります。
2、筆記用具について
当初ご連絡させていただいた持ち物に加えて、筆記用具もご持参いただきますようよろしくお願いいたします。

<補足>
現地の宿泊施設のアメニティーについて
参加者の皆さまから、宿泊施設のアメニティーに関するお問い合わせを多数いただいたため、ご案内させていただきます。
以下、宿泊施設(ホテル観洋)のアメニティー一覧でございます。
・歯ブラシ
・フェイスタオル
・バスタオル
・浴衣
・ドライヤー

また、ホテル観洋のホームページもございますので、そちらも参考になさってください。
南三陸 ホテル観洋→http://www.mkanyo.jp


行程がスムーズに行くようにご協力お願いします。


10日
【修善寺・三島集合の方】

バス会社:矢吹バス交通
ドライバー:ハガmr
連絡先:090-7568-3991
配車場所:修善寺駅ロータリー中央

15:45 修善寺集合
修善寺駅ロータリー中央の一般車駐車スペースの横に定期バスと書かれたスペース
16:00 修善寺出発
16:40 三島到着
三島駅の南口ロータリーの近くに鈴木学園という専門学校

17:00 三島出発
19:30 代々木公園到着予定

【代々木公園から】
21:00 代々木公園集合
21:30 出発

 11日
5:00 南三陸到着。
 ※海岸線沿いで当日集まっているボランティア団体の方々と手を繋ぎ航空写真を撮るというプロジェクトに参加します。
6:30 ボランティアできる格好に着替え
 ※石巻組とはここで別れます。
9:00 ボランティア開始
12:00~13:00 昼食。
13:00 ボランティア再開。
14:20 作業を一時中断、黙祷の為一か所に集まって下さい。
14:46 黙祷。
 ※東京で東北支援の活動をされている団体とSkype中継を繋ぎます。
15:00 ボランティア再開
16:00ボランティア終了。
 ※石巻組は石巻を出発。
17:00~17:30 ホテル着
 ※メンバーが会場のセッティングを行います
19:00~19:30 夕食開始。
 ※夕食後交流会となります。
22:00  就寝
 
12日
7:00 起床、朝食
9:00 ホテル発
11:00 仮説商店街到着
 ※この仮設商店街では自由行動となります。お昼もここで各自とって頂きます。復興への一歩をご覧下さい。
13:00 バス出発
20:00 新宿着

となります。スムーズな運営進行にご協力ください。
それではよろしくお願いします。


何かありましたら以下にご連絡ください。
08040785697 塩見
08040942649 前島
08040942647 大平
08040785699 大塚
08040785696 星野
08040785698 戸川
08040785700 多田
08040942648 清水
スポンサーサイト

TVP311最終案内

こんにちは、TVP3.11ご参加のみなさま、催行まで1週間となりましたので最終案内をさせていただきます。
まず、当日の集合に関するご連絡です。

【代々木公園集合の方】
代々木公園の中央広場にある池の前になります。池の手前の通路は石畳のようになっており、両脇には水が流れています。
<各駅からのアクセス>
●JR原宿駅から
公園入り口(ゲートあり)から通路を真っ直ぐ進んでいただくと中央広場の池に着くことができます。
(一番分かりやすいので、原宿駅から来られることをお勧めします。)
●地下鉄千代田線代々木公園駅から
北口から出てそのまま通りを北上すると車道をまたぐ横断歩道があります。そのすぐ近くに公園入り口があるので、そこから公園内に入ります。真っ直ぐ進んでいただくと中央広場を取り巻く環状の通路に突き当たります。その通路に突き当たってから右折してそのまま進んでいただければ中央広場の池に着くことができます。
●小田急代々木八幡駅から
北上して小田急線の踏切から右折します。すると目の前に公園が見えますがそれは代々木公園ではありません。その公園が見えたらその通りを左折、公園をなぞるように進んでいくと比較的大きな通りに出ます。ちょうど、代々木公園駅からのルートで説明した横断歩道のポイントになります。後は、代々木公園と同じルートです。
●渋谷方面から
NHK放送センターの横にあるケヤキ並木を直進するとイベント用のステージが見えます。その先に歩道橋があるのでそれを渡って真っ直ぐ進んでいただくと、中央広場の池前にたどりつけます

【修善寺・三島集合の方】
3/10 15:45 修善寺集合
16:00 修善寺出発
   16:40 三島到着
   17:00   三島出発
   21:00 代々木公園集合.

以上ですのでお待違いのないようによろしくお願いいたします。

続いて、当日の持ち物についてのご連絡でございます。
必要な持ち物
● マスク(防塵のものが望ましい)
● 長靴
● 軍手
● ゴム手袋
● レインコート
● 帽子(キャップが望ましい)
〇タオル
〇汚れたものを入れるための袋
〇洗面用具、宿泊セット
〇常備薬
〇保険証
〇11日の朝食
〇11日の昼食
〇12日の昼食は現地になりますので、余分にお金をお持ちください。
※ ●はサポートプランに含まれております。
※ 当日の作業は複数有りますので、場合によっては上記の持ち物を使わない場合もございます。ご了承ください。

続いて、当日のタイムスケジュールについての連絡です。
3月10日(土)
21:00 代々木公園集合.出発
3月11日(日)
5:00 南三陸到着
※ 海岸線沿いで当日集まっているボランティア団体の方々と手を繋ぎ、航空写真を撮ります。
6:30 ボランティア準備
※ 朝食、着替えなどを行ないます。
8:00 ボランティア開始
※ 20人1グループとなり別々に作業をしていただきす。
16:00 ボランティア終了 出発
17:30 ホテル観洋到着
19:00 夕食 交流会
※ TVP311の参加者、現地の方との交流をお深めください。
23:00 就寝

12日(日)
7:00 起床 朝食
9:00 ホテル出発
9:45 南三陸仮設商店街、志津川地区到着
※ 現地で自由にお歩きください。いまだ津波の被害が生々しく残っておりますが、復興に向けて仮設商店街がオープンしました。
13:00 現地出発
20:00 新宿着

以上でございます。
ご質問などございましたら、以下の連絡先まで宜しくお願いいたします。
大塚
080-3380-1931
多田
080-5460-3911
戸川
080-4367-6308

東北ボランティア

「東北ボランティアのお知らせ」



こんにちは!伊豆市公認サークルsizuの大塚眞と申します!

僕は静岡県伊豆市のシティプロモーションに携わっている一方で、東北復興支援のために定期的に東北ボランティアの企画と運営をしています。



私たちは、2011年の5月、6月、9月、10月、11月と過去5回、東北支援のためのツアーを催行しています。(うち、1回は外部のボランティアツアー)



その活動をしていく中で、様々な方達と繋がることができましてここまで継続的の東北ボランティアを行なうことができています。

そして今回、南三陸の戸倉地区にてボランティアの受け入れを行なっている方と共同で大規模なボランティアツアーを行なうことになりました!3月10日~3月12日に、311人を南三陸へ連れて行くという企画です。

ここで、告知をさせてください!



東日本大震災から、今年の3月で1年が経ちます。みなさんは、この節目をどう考えますか?テレビでも報道されなくなって、話題にもあまりあがらなくなってしまいました。

しかし、東日本大震災はまだ終わってはいないのです!是非、改めて東北に目を向けて欲しい、考えて欲しい。



だから・・・連れて行きます東北へ!



3月11日に311人を南三陸へ!

TVP311PJ!(東北ボランティアパック311プロジェクト)(仮)



伊豆市公認サークルsizuは今回5回目となる東北ボランティアを企画しています。

バス8台を用意し、311人を宮城県の南三陸へ連れていくというものです。

以下は紹介文になります。少々長いですが、お読みいただければと思います。



この1年間で、まだ1度も「被災地の現実」を見たことがない人がいるのではないでしょうか?1度でも行ったことのある方はご存知かもしれませんが、現地に行ってみなくては分からないことがたくさんあります。

僕は昨年6月に初めて、東松島を訪れた時に大きな衝撃を受けました。それから僕は定期的に学生を東北に連れていくという企画に携わってきました。

東日本大震災を風化させてはいけないと思うんです。多くの人に、知ってもらいたいことがたくさんあるんです。



そこでみなさん、一緒に行きませんか?みなさんの力を貸していただきたいのです。

初めて被災地に行く方もたくさん参加されます。何度か行ったことがある方には、その経験を活かして欲しいですし、話して欲しいです。

ボランティアの数は減っていく一方です。今回、ボランティア先となる南三陸の戸倉地区は、人が足りずに復興がなかなか進んでいません。



僕たちは、現地で少しでも力になれればと思って行なっているのと同時に、少しでも多くの人に興味を持ってもらえたら、知ってもらえたらという気持ちでやっています。

ですから、日程も1泊3日という生活に支障のでない短い期間で行ない、ボランティアの内容もなるだけ負担の少ないものになっています。

「被災地ボランティアってハードル高くて、なかなか一歩踏み出せないな。」

「行きたいけど、どこで申し込めばいいのか分からないし不安」



という方は是非とも、今回の企画に参加して欲しいです。必要なものや知識はバックアップいたします。

もちろん、ボランティア経験者の方も大歓迎です。「被災地を知ってもらう、発信してもらう」というコンセプトから現地の方も集まってくださり、お話をしていただけます。



協賛として

Softbank様、キリンビバレッジ様などの複数の企業様からもご協力いただいており、社会人の方々も多数参加してくださいます。



東北のためだけではなく、他の学生や社会人の方との交流を通して何か得られるものがあれば、さらに幸いです。

今回の企画はボランティア後に現地にホテルに宿泊していただき、翌日は宮城県内の観光地で観光をしてもらうという「ボランツーリズム」という企画です。

現地に行き、ボランティアだけでなくて宿泊や観光をして「お金を落とす」というのも復興支援であると考えています。



参加を希望される方は下記URLより必要事項を記載の上、送信してください。



http://fanfare.xsrv.jp/311_form/sizu311_0.htmlhttp://fanfare.xsrv.jp/311_form/sizu311_0.htmlhttp://fanfare.xsrv.jp/311_form/sizu311_0.html



また、ご質問などありましたら、下記連絡先までお願いいたします。



日程(暫定)

3月10日(土) 

21:00 代々木公園集合、出発(現地との調整上、時間を早めさせていただいております。ご都合が悪い方はご連絡ください。)

3月11日(日) 

9:00 南三陸到着、ボランティア活動開始

16:00 ボランティア終了

18:00 南三陸ホテル観洋着 

http://www.mkanyo.jp/ 

21:00 交流会



3月12日(月)

10:00 観光(松島を予定中)

13:00 南三陸発

20:00 代々木公園着

※時間などは、道路状況により変更される場合がございます。



費用

2万円(交通費、宿泊費、11日夕食、12日朝食込)

(300人集まることが前提で、この値段まで落とすことができています。ご協力お願いします!)



主催

伊豆市公認サークルsizu(さいず)

南三陸町戸倉地区の方々



申し込み締め切り

2月20日

(過ぎた場合でも受け入れが可能な場合がございます。)



現在、200人もの参加者が集まっております。

ですが、まだまだ311人には届きません。皆様、お友達などお誘いくださればと思います。

よろしくお願いいたします。



詳細は以下のURL先にも載っております。

Facebook

http://www.facebook.com/pages/Tvp311-311%E4%BA%BA%E3%81%8C%E5%8D%97%E4%B8%89%E9%99%B8%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99/236201076451722



blog http://sizu312.blog69.fc2.com/





ご質問などは以下まで

星野

h-y-1988@i.softbank.jp

多田

Trebeil-wein39.rot@ezweb.ne.jp

大塚

m08033801931@t.vodafone.ne.jp



※必ず、本文の最初に「TVP311の件」とつけた後に

名前、学校名、連絡先をご記載ください。

2011!活動報告★


2011年も残すところあとわずかになりました。
2011年最後の日に皆さんは何を思い、どのようにお過ごしでしょうか??

今年はSizuが誕生した記念の年でもあり、我々Sizuメンバーにとって本当に忘れられない1年となりました。

今このblogを読んでくださっている方々の中にはSizuのことをよく知っている方、まだあまりSizuのことを知らない方など様々だと思います。


ここでちょっと簡単なSizuの紹介をしますね♪

Sizuは第2回伊豆市ビジネスコンテスト『イズコン』の優勝企画として発足しました。
都心の学生と伊豆市をつなげる団体として学生目線で伊豆市の地域活性化に取り組んでいます。
『伊豆市から日本を変える!』というのを理念として伊豆市の資源を使ったイベントやツアーを地域の方々とパートナーシップを組んで企画運営をしています。

まあざっくりとしか書いてないのでもっと詳しいことは来年Sizuが主催するイベントにぜひぜひ参加してあなたのその目で見て、耳で聞いて、心で感じてみてくださいっ(^^)!!



2011年~活動報告~


2・12 伊豆市ビジネスコンテスト『ビジコン』優勝!!!!
5・21 KT(キックオフツアー)
6・25 第1回TVP(東北ボランティア)
8・21 YKT(修善寺花火大会、浴衣祭)
9・13 第2回TVP
10・7 第3回TVP
10・22 中伊豆ワイナリーツアー
10・30 伊豆総合高校
11・18 第4回TVP
11・27 This 伊豆 収穫祭
12・4 伊豆自然祭 in平塚

こんな感じで活動してきました。
それぞれのイベントの詳細はこれまでのイベント活動報告のblogでご覧ください。

各イベントに参加してくださった参加者の皆さん、本当にありがとうございました。



もうすぐ2012年。
新しい年も課題山積です。これからどんどんパワーアップしてたくさんのイベントを企画していきます。そして各イベントで参加者の
皆さんと心を一つにして取り組んでいきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。

各イベントの詳細等はSizuのブログやTwtterやfacebookで発信していくので欠かさずチェックしてみてくださいね♪


最後になりましたがここで告知をさせていただきます。
2012年3月11日にTVP3.11(東北ボランティア3.11)311人で東北ボランティアを企画しております。

詳細等決まりましたら順にupしていきます。
ひとまず日程は2012年3.10~3.12 です。
参加希望の方、まだ参加するか分からない方もぜひぜひ日程を空けておいていただければ
と思います。よろしくお願いします。


以上、ざっくりでしたが2011年最後のblogでした(^^)


今年も本当にありがとうございました。

良いお年をお迎えください☆
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


平塚&伊豆イベント 伊豆自然祭 オリンピックにて!

はじめまして!Sizuの相談役を務めている、
慶應義塾大学大学院1年のまさおです。

先日12月4日の日曜日に、JR平塚駅近くのショッピングモール・OSC湘南シティにて開催されていた、
伊豆市と平塚市の共催イベント『伊豆市森林文化発信事業』にて、
Sizuのみんなと一緒に、伊豆市の森林の魅力を平塚のみなさんにお伝えしてきました!

このイベント、子供たちが楽しめる体験が盛りだくさんでした。

木を削ってマイ・ボールペンを作る講座や、
おもしろ自転車で遊べるコースなどは、子供たちの心をがっちりと掴んでいましたね。
自転車
皆自転車体験におおはしゃぎ

ボールペンづくり
真剣に見つめてますよ。

そんな地元の子供たちに癒されつつも、

お昼過ぎには、ステージや広場を使わせてもらって、
伊豆市の森林で起きている問題や伊豆市の魅力について、
Sizuメンバーのみんなと熱いアピールをしました!

シャーマン石井


↑伊豆市の魅力溢れるおばあちゃんを演じる、石井ちゃん(笑)

今回、「シカと森の声を聞こう」というテーマで話をすることが決まってから、
伊豆市まで現状を視察しに行ったり、本やWEBページを見たりして、
日本の森林で起きている問題についていろいろ調べていました。

その最中で強く感じたことは、
『先を見据えることの大切さ』でした。

シカは、今でこそ里山の農作物を食べてしまったり、木の皮を剥いで木をダメにしてしまう
いわゆる「有害鳥獣」として扱われるようになりましたが、
つい5年ほど前までは、むしろ「保護」の対象でした。

なぜ「保護」の対象となったのかをさらにさかのぼると、
昭和初期、乱獲などによりシカの個体数が激減してしまい、
そのままでは絶滅してしまう、という状態にまで陥ってしまったことにたどり着きます。

人間によって絶滅しかけ、人間によって保護され・・・
そしてまた今、シカは人間によって数を減らされようとしています。

伊豆市では現在シカにより年間約1億円の損害が出ており、
シカの個体数を減らさなくてはならない状況であることは間違いありません。

しかし、その方法や目的を考えるときには、
上記のような過去の経験を活かして、

『シカの数を減らすことで将来どんなことが起こり得るのか』
ということをしっかりと考えなくて欲しいな、と思います。

-------------------------------

常に先を見て、起こりうることを想定して心配する。
「あれ、いまのままでいいのかな?」という視点を持つ。

シカや森林の問題を通して、
こんな大切なことを学ぶことができて、ちょっとお得な気分。

伊豆市で活動していると、こんな「お得」がたくさん経験できる。
だから、やめられない。笑

Sizuのみんなはなんで伊豆市で活動し続けるんだろう、聞いてみたいな。

それでは、また。
プロフィール

Sizu312

Author:Sizu312
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。