スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北ボランティアパック

どうも、Sizuの石井です。



6/24~6/26に東北は宮城まで行って来たので、そのことについてご報告させていただきます!

今回は伊豆市のNPO サプライズさんと共催という形で、私たちSizuは41名の学生で参加しました。


29164885_1191514676_201large.jpg
6/24の24時に東京駅にて、サプライズさんの一団に合流し、夜行バスで目的地を目指します。


三ヶ所立ち寄ったサービスエリアのうち、安積では雨が降りだす等、ボランティア活動への影響が心配されました。
しかし、天候は荒れる事無く、ボランティアに支障を来すようなものにはなりませんでした。
29164885_1191514634_181large.jpg
管生で朝食です。私はカツカレーをいただきました!

29164885_1191514593_85large.jpg
29164885_1191514597_139large.jpg

朝7時頃には松島に入り、津波被害の現場を目の当たりにしました。高速道路を隔て、無傷/壊滅というなんとも衝撃的なものでした。
29164885_1191514549_192large.jpg


東松島のボランティア現場に付いたのは8時半頃。皆、バスを降りて装備を整えます。小雨だったので合羽を着ている人がおおいですね。

29164885_1191513929_137large.jpg

ボランティア活動開始時刻は9時とのことで、それまで津波被害の現場を見に行きました。
29164885_1191514093_49large.jpg
29164885_1191514018_26large.jpg


どこが海でどこが水溜まりか、全くわからない状態。大きくえぐられた家々。はり付けられた「解体OK」の文字。息を飲む光景でした。
私自身、茨城出身で津波被害の現場は見ましたが、比べ物にならないものです。


29164885_1191514374_146large.jpg

その後、ボランティアセンターへ。
担当の仕事、地区を確認して、道具の分配を行います。



仕事は側溝の清掃作業でした。地元の方も協力してくれる中、掛け声をかけながらチームプレーで作業をして行きます。
29164885_1191513689_198large.jpg
どろどろ汚泥、水を含んでなかなか質が悪い!!


午後は、サプライズさんの担当する線路近くの側溝へ助太刀に。砂利が詰まって、午前中の現場とは全く違いました。
29164885_1191513423_93large.jpg

砂利は手強く、ひたすらシャベルを振り下ろし、汗だくで息を切らせて作業です。
努力のかいがあってか、時間内に側溝を貫通させることができました!お疲れさまでした!!


みんな泥だらけです!
29164885_1191513355_248large.jpg

文明的な機械がなかなか入り込めない、数が足りない被災地において、マンパワーがいかに重要か実感しました。


清掃中には子供のおもちゃが掘り出されたりしました。持ち主はどうしているのだろう………ついついそんなことを考えてしまいます。

ボランティアセンターの方とお話もさせていただきました。今後は心のケアが必要になるとのことでした。ちょっと「何か出来ることはありませんか?」と聞くだけで、いろいろと被災当時の事や現状の悩みを話す方や、ボランティアの存在に安心感を感じる方もいるそうです。そうやって話し掛けるだけでも、心のケアになるそうです。
継続してこの企画を行って行きたい私たちにとって、貴重なお話でした。

ボランティア後、道具の洗浄、返却を行います。
29164885_1191513379_87large.jpg

そして一行は石巻に向かいます。
29164885_1191513140_23large.jpg


バスの中からでもその惨状を伺い知ることが出来ます。
29164885_1191513133_196large.jpg

しかし、バスを降りて初めて分かりました。強烈な臭いです。腐敗、塩水、ヘドロ、これらが交じり合ったような臭いが石巻にはたちこめていました。
29164885_1193979885_66large.jpg

大量のハエとカモメが舞い、地面には腐った魚が転がっています。

そんな中で、日常生活を送る人たちがいる。そんな現実、テレビでは分かりません。



宿泊先に着いたSizuの41名は、早速夕食に有り付けました。

食事中には、ホテルの支配人の方がいらして被災当時から現在の話を聞かせてくれました。
ガス会社や建設会社の方々を多数受け入れていること、まだホテル自体完全に復旧出来ていないこと等、最前線で復旧作業のバックアップをしてきた施設ならではのお話。
観光客が激減した厳しい現実・・・・・ここでは語りつくせないほどの内容の濃いお話でした。



温泉で汗を流したあとは、飲み会、そして大きな円を作ってのディスカッション
を行いました。

私自身、かなり熱くなっていろいろ語ってしまいました。テーマは「生命力」について、少々飛ばしすぎた感がありますが、お付き合いくださった皆さん、ありがとう。

私は途中でリタイアしたのですが、ディスカッションは翌朝5時まで続いたそう
です。
Sizuの企画恒例ですね!皆、すごく深く考えていて、とても有意義な時間です。



6/26は生憎の雨でしたが、午前中、青葉城で観光。被災地にお金を落とす。これも立派な支援です。
29164885_1194021301_252large.jpg

お昼にはおいしいおいしい牛タン定食を頂きました!!
29164885_1194021291_202large.jpg

たまりませんなあ!

あとはバスに乗り込み、東京への帰還です。
帰りのバスでも個人的に環境問題について語り合ったり、レクリエーションをし
たり、とても有意義な時間を過ごせました。




最後に今回撮った中で最も印象的な一枚を
29164885_1191513247_128large.jpg

皆さんレールを踏み越えて進んでいきます。
今回のボランティアパック、私にとって何か境界や障壁を踏み越えるきっかけになったような気がします。
それを象徴する一枚ってなわけです。

東北ボランティアパック。
皆さんは、何を感じましたか?


それでは、また会いましょう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sizu312

Author:Sizu312
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。