スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう東北ツアーから一週間がたってしまった。

どうも、こんにちは。
Sizuの会計の星野です。

自己紹介的な意味も含めて、先日開かれた東北ボランティアパックの事を書きます~。

突然ですが僕は日頃から、身体感覚、五感というのをとても大事にしています。

それは僕が医療系の大学で勉強しているから、というよりは色々と経験しているうちにそう思うようになったんですね。

最近はやたらめったら脳ブームな気がしてならないけど、それを見ていると、
どうしても「肉体」というものを軽視する風潮がある気がしています。
厳密にいえば、「五感」というのも脳みそが感じるものではあるけれど、
その入力装置的な肉体(パソコンでいうキーボード)を皆さん軽視してませんか?と思う今日この頃です。

なんか始まりから説教っぽくなっちまった。。。

そういえば地震の事に関しても、初期の頃はとりあえずボランティアに行った人が迷惑になって、
それがバッシングの嵐になりました。
けれどテレビやインターネットでそれを見て、
やたらめったら叩く人がいるのを見るとちょっと残念だったりします。

そういう人達はすぐ現地に行っちゃう人を冷たい目で見たり、バカにしたりしているのを、
少なからず目にするけど、それはちょっと違うと思う。
この未曽有の事件に対する正しい態度ではない、そんな気がする。

いくら、ボランティアに直接行くのがあまり効果的でないとしても、
やっぱり直接いかないと伝わらないものが多いと思うのよね。
それは被災地のため、というよりはどちらかというとこれからの未来を背負う僕達のためになるわけだけど。

いくら、画像が鮮明だろうと。
いくら、音声がクリアだろうと。
いくら、解説が的を射ていようと。

メディアじゃあなくて、やっぱり自分の体験じゃないと僕達は何もわからないんだから。

そう思うわけです。

勿論何の考えもなしにボランティアにいくことは時には迷惑をかけるし、
ほとんど力になっていないこともある。

けれど、僕は個人的に○chの住人のような、とりあえず行動おこしちゃう人を軽蔑の眼差しで見る方も、自分の行動の影響を考えずにアクションを起こしてしまうボランティアも同じくらい改善の余地があると思っている。

では、彼らはどうあるべきなのか。

結局は「バランス感覚」というはっきりした答えしか出せないんだけれども、お互い寄り添って、
○chの人達は自分達のできる事を必死に頭に汗かいて考えてほしいし、
とりあえず行動派の人も一歩踏み出す前に自分の影響力を考えてほしい。

んで、僕達の影響力なんてものはたかがしれているけれど、
今回のSizuのツアーが40人の心に何か影響を与えて、少しばかり現地の人が助かって、
そして企画者である我々の自信に少しでもつながれば幸い。

ただそう願うのです。

余談ですけど、色々通信手段や移動手段は進化しているけれども、
我々の認識能力っていうのはとても原始的で数千年前から変わってないですよね。

だから例えば、目の前の友達がいきなり死んでしまったら哀しいけれど、
地球の裏側で爆弾が落とされようとも僕達はいともたやすく「ただの情報」として認識する事ができるし、
大して心を痛めることなく、日々の生活を送る事が出来る。

「へー、テロで200人死んだんだー」なんて事が簡単に言える。

飢え死にしている人が沢山いる中、冷蔵庫の野菜や肉を特に心を痛めることなく捨てる事もできる。

もっといえば。。。

同じ日本人が100km程離れた所で、身の回りの全てを破壊されていてもなんとなーく
日々を生活する事ができる。
1,2週間ちょっと関心を持って、日常生活に戻る事ができる。

そんなわけで、僕達は同じく東北の情報を写真や報道を通して、色々と知ることはできるけれど、
やっぱり直で体験することで、ようやく得られるものもあると思うんですよね。

先日石井がブログで挙げてくれた写真は確かに生々しい。
でもやっぱり行っていない人にとっては、メディアが流す情報と大差なくなってしまうと思うんですね。

昨今の事情を憂いて、宮台真司が

「世界の手触りを忘れるな」

みたいなことをいっていましたが、全くその通りだと思います。

もっと皆自分の体験と感覚を大事にしてほしい。それを自分の生活に生かしてほしい。

例えば、皆ipadやiphoneに魅了されて止まないですが(僕もiphone持ち)
あんなツルツル・スイスイの世界だけでなく、もっと生々しいリアルな
感覚にも触れてほしいな、って心の底からいます。

といいつつ僕も先日、人に東北の話をした時、
「いやぁ、ヤバかったよ」
とまるで人ごとのようにいっている自分がいたんですけどね。

やっぱり、あれだけ生々しくても衝撃があったとしても少しずつ薄らいでしまうんだなー、と
ちょっと危機感を覚えたのでした。いや、マジで。

そんなわけで、自戒も込めて、

「自分の身体感覚と体験を大事にしろよ」

と言いたくて記事を書きました。

今の日本で、何かもやもやしながらも何か行動をしたい人も、
なんとなく震災の事が人ごとになってしまった人も、よかったら東北に行ってみてください。

もし、手続きなど、わからなくて行動ができなかったら、その時はSizuを利用してください。
また、夏にも同じようなツアーを企画する予定です。

メンバーそれぞれが今回のツアーに対して、それぞれの思いがあるとは思いますが、
僕が考えたのは以上のようなことになります。

ではでは、読んで頂きありがとうございました!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sizu312

Author:Sizu312
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。