スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぁ、僕たちの可能性の話をしよう。TVP4

どうも、こんばんは、Sizu会計代表のやらぞう、こと星野雄三と申します。

総括したまとめは、後日大塚やそのほかのメンバーが行う事を期待してますが、とりあえず一つの事をここで書きたいと思います。

早速ですがあの後、自分が直接よんだ、柳沼と井上俊吾とご飯を食べていました。

ある程度交流関係もあり、直だからこそ言えるような率直な意見を、おかげさまで聞くことができました。

総合的に彼らも満足し、リピートしたいとはいってくれたものの、それでも僕たちが至らなかったことからくる意見も多く頂きました。

ここでは、その内容は明らかにしませんが、それでも私達Sizuの今後の運営には確実に生かしていきたいと思います。「TVP4」、ということで4回目にして、1回目よりは随分クオリティが上がった、と思うものの、

「あ、内部にいるとやっぱり気づかないことがたくさんあるんだな」

ということが身に染みて感じてます

さて、そのまとめも兼ねて、少々書きたいことがあったので、記録に残したいと思います。
都合上、である口調ですが、どうかお付き合いください。

夜分も遅いですし、僕も明日に読んだら恥ずかしい内容で消すかもしれないので、今晩中に読んで頂ければ幸いです(笑)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

○さぁ、僕たちの可能性の話をしよう。

ボランティアの帰り、柳沼と俊吾と飯を食いながら、次回の集客の話をしていた。
この三日間を通して、彼らもボランティア、そして僕たちSizuの事に興味を持ってくれたようで、

「次回は友達を誘っていきたいと思うよ」

といってくれたことがとても嬉しかった。

しかし、この後の話で大分、考えさせられる示唆に富む話があったので、少し考えたいと思う。

その後彼らが付け加えたこととして、

「それでも、理想としては俺らが他の、もっとガッツリしたボランティアに行って、参加者は初体験の人達で満たされるべきだよね」

全くその通りなのである。

僕個人としては、ボランティア初経験としてはSizuのイベントにウェルカムであるけれど、もしそこで意識が高まったのならば、一週間泊まり込みでひたすらボランティアを行う、などのツアーにも行ってほしいと願っている。

純粋な観光ツアーとして考えるならば、リピーターがいることは大いに歓迎するべきことである。ただこのTVPに関しては、ツアー運営者として、「リピートしてほしい」、と思いつつ、「僕たちの所に留まらず巣立ってほしい」という思いがあったりするのだ。

そんなわけで、TVPの集客で考えさせられることは、集客第一で考えるならば、おそらくきてくれるであろうリピーターにアタックするべきなのだが、それでも理想としては新規のお客さんだけを呼ぶべきなのだと思う。

ここが、少々悩ましいパラドックスである。

おかげさまで、Sizuのイベントには

「お金ためていきます!」

という確固たるファンなるものが少なからずいる。

伊豆へのツアーならそれは大歓迎である。けれども、TVPの本来の目的はボランティアであるのだから、僕たちのツアーに何度も通ってくれるのは目的が少々ずれている気がする。

本当にボランティアを目的とするならば、他の団体でもいいわけなのだから。

さて、帰りの電車で考えていたのだけれど、これって「教育者」と似通ったものがあるのかな、と感じた。

(まぁこれだけじゃまったく意味がわからないと思うので、説明を加えると)
先生を含む、人に何かを教える人というのは、

「確かに自分の背中を見て、尊敬してくれたら嬉しいけれども、最終的には自分を追い越して、自分に背中を見せるぐらい成長してほしい」

という矛盾を持ちつつ、従事するのが正しい教師の在り方だと思っている。

だから東北ツアーの参加者に対する「またきてくれたら嬉しいけれども、他の所にいってほしい」という感情と似ているのだ。

そういう意味では「尊敬する人」も同様だと思っている。

「私、あなたについていきます!」

といわれるのは、人としてとても嬉しい事だと思うし、とても素晴らしい事だとは思う。

しかし、それでも相手にこれを言わせてはいけないのかな、なんて最近は思っている。

確かに尊敬されるのは嬉しい事だけれども、幸か不幸か、自分の一挙手一投足が相手の影響を受ける場合、それなりに重い責任があるのではないか。そして、自分よりも良い影響を与えうる人間は必ずいるのだろうから、心置きなくその人に送り出せるような心構えが必要なんじゃないか。

そんなわけで、尊敬されるのも資格が必要なのかもしれない、などと思ったりする。
尊敬され、人に影響を与えるのにもそれなりの覚悟は必要なのかもしれない、なんてことも思う。

だから先ほどと同じ理屈で、尊敬されるのを嬉しいと思いつつも、

「いや、自分よりも素晴らしい人はたくさんいるから、もっと色々な人に出会いなさい。こんなところに留まっていないで」

なんてことをいけしゃあしゃあ言うのがベターなんじゃないかな、と思っている。

ある予備校教師がこんなことを言った。

「もしこの日本で受験戦争、というものがなくなったら、一人一人の生徒が予備校がなくても十分に勉強ができるようになったら、予備校は潰れ、僕の仕事はなくなるかもしれないが、僕はそれでいいと思っている」

僕は医者も、弁護士も、教師も、そして僕自身もこんなスタイルでいてほしいと望んでいる。

つまり、お客さんや目の前の相手の本当に、悩みが無くなってしまったとき、予備校教師も医者も弁護士も(教師はどうだろうか?)仕事がなくなってしまうが、それでもそのことを歓迎するのが一流の人間だと僕は願っている。

この世から病気が無くなったら、ほとんどの医者が廃業になるだろう。
争いがなくなれば、ほとんどの弁護士が不要になるだろう。
受験戦争の悩みがなくなれば、予備校教師の存在意義がなくなるだろう。

でもそれを喜べるのが人として、相手を思いやることなんじゃないか。

僕は「人が病院にいかない社会を作りたい」などと考え、豪語したりしているけれども、最終的には全ての人が正しく自分の身体をマネジメントできれば、僕は必要なくなるし、目標も果たされたことになる。
(おそらく僕の一生の中でそこまで進むことはないのだろうが)

でもきっとそれで胸を張っていいんだと思う。

きっとそれが最も僕たちと社会の可能性を広げる心構えなのかもしれない。

閑話休題。

いろいろ偉そうなことを言いつつ、まだまだ僕のSizuの企画に関するコミットメント率は低いのだけれど、それでも次回に向けてより良くしたいとは思っている。

もし改善してより良いTVPが企画できたとしたら、意見を発してくれた二人に対して、やっぱり来てほしいのだ。

でもそう願うのは(TVPに関しては)ほどほどにすべきなのかもしれない。

僕は、帰り際、「もうくんなよ」と呟きながら「また来いよ」と二人に言った。
彼らは、「またくるかもしれない」といいつつ、身近で違うボランティアツアーにいくかもしれない。

そんなわけで、他の団体のボランティアで継続してくれるなら、素直に喜ぼう。
また来てくれたら、「本人が希望しているから仕方ないよな」と言い訳しつつ、素直に喜ぶとしよう。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

それでは、皆さん、お疲れ様でした。

また、明日からそれぞれの日常で頑張ってほしく思います。

「自分の目の前のできる事を全力でやる」

このことも僕個人としては、巡り巡って被災地支援になると思っていますから。

それではおやすみなさい。

TVP4詳細連絡

TVP4ご参加くださいましてありがとうございます。
伊豆市公認サークルsizuのメンバーで、今回TVP4の責任者を務めております大塚です。

いよいよ明日に迫りましたTVP4の詳細の連絡をさせていただきます。
こちらのスケジュールが確定版です。

18日(金)
23:30 新宿スバルビル前集合
(23:00~23:30の間、sizuのプレートを持ったメンバーがJR新宿駅西口改札前にて待機しております。)
0:00 新宿発

※途中、SAに3回寄ります。
 3回目のSAでボランティアの装備に着替えていただきます。
 19日の朝食、昼食はあらかじめ買っておくか、1回目と2回目のSAで買っておいてください。
※車中泊になりますので、寝やすい服装でお越しください!

19日(土)
8:30 南三陸町ボランティアセンター到着
9:00 ボランティア受け入れ先到着、作業開始
(ボランティアの特性上、当日に受け入れ先の要望に答える形になります。)

15:00 ボランティア終了
(当日、早めに作業が終われば、周辺の状況を見ていただこうと思っております。)

18:00 宿到着
18:30 夕食
21:00 sizuによる学生交流企画「カタリバ」
(同じ学生同士、意見交流を行ないます。堅いものではなく、お酒を飲みながら交流してくださればと思います。)


20日(日)
7:00 朝食
8:30 宿出発
10:00 青葉城着 青葉城観光
(観光振興PJといたしまして、先日連絡いたしました周りの家族、友人から1000円もらってお土産を買うという「exceed1000 PJ」を行ないます。観光をするというのも復興支援の形であり、そこでお土産を買うというのは、その観光施設に直接お金を落とせるということなのです。あなたが集めて、そこで使った1000円というのは、被災地にとって貨幣価値以上の価値があることでしょう。ご協力よろしくお願いします。)

12:30 青葉城発

途中3回ほどSAにて休憩を行なう予定です。

21:00 新宿着 解散

以上が、スケジュールとなっております。
上記スケジュールは、道路状況などにより大幅に変更になる可能性がございます。
ご了承ください。

持ち物
★マスク(防塵タイプが望ましい)
 ★長靴 (分厚めのスニーカーでも可能ですが雨天を考慮すると長靴がベストです)
 ★軍手
 ★ゴム手袋
 ★レインコート
 ★帽子(キャップが望ましい)
 ☆タオル
 ☆スーパーの袋(汚れた手袋等を入れるため)
 ・着替え
(現地は非常に寒いかと思われますので、上着をご持参ください。)
 ・洗面等、お泊まり用品
 ・バスタオル
 ・常備薬、かゆみ止め、酔い止め(←念のためでも持参をおすすめします)

諸注意
・当日、やむを得ず欠席する場合は速やかに連絡をするようにしてください。
・学生交流も目的としておりますので、こちらで班割り、部屋割りは決めさせていただきます。どうしても、ご都合が悪い場合はその旨をメンバーにお伝えください。

以上が連絡でございます。
我々sizuはボランティア専門の団体ではなく学生団体であり、同時に皆様と同じ参加者でもあります。不手際等があるかとは思いますが、精一杯企画の運営を行なって参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
また、TVP4ではtwitterのハッシュタグを使った情報共有を行なっております。ツイートの最後にスペースを一つ空け、♯Sizu_TVP4 をつけてツイートしてください。
では、当日みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。


なお、ご不明な点やお問い合わせ等ございましたら、下記連絡先までお願いいたします。

TVP4担当 責任者 大塚眞
08033801931

TVP4担当 事務代表 戸川翔太
08043676308

TVP4担当 広報・会計代表 多田夏希
08054603911

TVP4 担当 マネージャー 星野雄三
08030873344

※当日の連絡は大塚、多田、星野のいずれかにお願いいたします。

伊豆市公認サークルSizu[サイズ]
Mail : Sizu312@gmail.com
Twitter : @Sizu312
Facebook : http://www.facebook.com/Sizu312

満員御礼!

みなさん!こんにちは!
sizu総務オオツカです!

TVP4ですが、おかげ様で定員となりました!
ありがとうございます!

なお、今回ご参加できなかった方に対しましては「キャンセル待ち」という形で対応しております。
ご希望の方は下記の参加フォームにご登録ください。
登録後、参加者連絡担当の戸川氏から連絡がございます。

また、先日の振込番号について、参加者の方々にはご迷惑をおかけいたしました。
申し訳ございません。

ゆうちょから振り込まれる場合は最後に「1」をつけた8桁
他銀行から振り込まれる場合には最後に「1」をつけない7桁

を入力すると、振込みができるようです。

こちらが振込みのシステムの把握をしていなかったために起きたトラブルです。
大変、申し訳ございませんでした。

他になにかございましたら、下記番号までお問い合わせください。
確認をいたします。

なお、振込み完了者のリストを後ほど全体に送らせていただきますので、ご了承ください。

●第4回東北ボランティアパック参加登録フォーム

http://form1.fc2.com/form/?id=704348

08033801931 TVP4担当責任者 大塚眞

~・MOB・~11月15日に開催

皆さんこんばんは^^
Sizuの戸川と申します。

我々SizuがMOBと呼んでいるイベントについての詳細が
決まりましたのでご連絡させていただきます。

■日にち
 11月15日 18時30分浜松町駅北口集合
■会場
アクティー汐留 43F
http://www.ur-whitestone.com/blog/571/
■料金  2500円

今回のコンテンツとしては
東北事前交流会を中心に
我々Sizuが東北ボランティアを行う目的・意義の説明
What`s Sizu?ということで我々の活動紹介も少しだけさせていただきます。

形式は立食という形をとらせていただくので、初めて会った人たちとの交流を思う存分楽しんでください。
お酒を飲みながら東京タワーを一望できる東京の夜景を見ながらお話をするのも良し!!
初めて会った方々と自分の将来を深く語るのも良し!!
各人様々な楽しみ方があると思うので当日は存分に楽しんでください^^

是非お友達を誘って足を運んでみてください!!

参加者人数を把握したいので
1ronic@ezweb.ne.jp 増野綾香までご連絡ください。
当日何かございましたら
大塚眞   080-3380-1931
塩見拓己 080-5236-1335
多田夏希 080-5460-3911
までご連絡ください。
では、当日お会いできるのを楽しみにしています^^

TVP3報告

第3回TVP報告
こんにちは、こんばんは、おはようございます!
伊豆市公認サークルsizu 総務の大塚眞です!

久しぶりにsizuブログの更新となりましたが、
今回は10月7~9日にかけて行われた「TVP3」&11月18日~20日に行なわれる「TVP4」の告知をさせていただきます。

我々sizuは10月7日~9日に「東北ボランツーリズム」の企画で東松島に総勢40名を引き連れて向かいました。
今回で3回目となりますが、今回は宿に関しても、バスに関しても大人の方々の協力なしには成功しえないと痛感いたしました。
ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

さて、7日の24時に東京八重洲に集合した学生たちは、およそ8時間かけて宮城県東松島のボランティアセンターに到着しました。
今回の作業は40人総出で、1軒の民家のヘドロ除去作業をさせていただきました。
こちらの民家は、3・11の時に津波による河川の氾濫で1メートル以上浸水した建設関係の作業場です。作業としては

・作業場の清掃
・庭の土の表面に溜まったヘドロの除去
・腐った木材の処理と移動
が主な作業でした。学生40人のマンパワーにより、当初の予定よりもかなり作業は進んだようです。

DSC_0149.jpg


震災から7ヶ月が経過してもなお、こういった民家は数多くあるとのことです。
僕の個人的な感想に移りますが、今回の作業で40人の人数とおよそ6時間をかけて民家のヘドロ除去が3分の2ほど(実感ですが)進んだわけです。
もし、これをここのご主人と息子さんの2人でやったとしたら、どれほどの時間がかかるのでしょう。先の見えない中での作業は、苦しいものなのではないかと感じました。
作業が終わった後に、息子さんが

「被災後は途方に暮れ、どこから手をつけて良いのかと感じていた。やっと、先が見えてきたような気がします。ありがとう。」
と、笑顔で言ってもらえたのをよく覚えています。
作業の疲れはそれで、吹っ飛びました。そう感じた学生も多いはずです。

僕は、あまりたいそうなことを言えませんが、「人に喜んでもらえる」というのは素晴らしいことです。
自分の中で、偽善なんじゃないかとか、自分がボランティアをやるっていうのはただの自己満足なんじゃないかとか、被災地のためになんかやってあげているって思う自分がいるんじゃないかとか。
 そんな疑心暗鬼も自分に対する嫌悪感も、「喜んでもらえた」という事実があれば、どうでもいいんじゃないかって思います。3回目のボランティアで、そういった考えに落ち着きました。たった3回かもしれないですが、1回ごとに思考が更新されて、僕にとっては大きな3回だったと感じています。

作業を終え、バスの中。
作業を終えた充実感の中で、「がっつりボランティアしたって感じだったね」という会話がされていました。東松島の内陸側であったので、初めてきた参加者はこれが現状なんだと感じた人もいたんじゃないでしょうかね。
僕らの意識としては、もっと違う地域の現状を見て欲しいというものがあるので、時間の許される限りで海に近い側を通って宿に向かうことにしました。

石巻市の海岸に近づくにつれ、ザワザワとバスの中で声があがり、しばらくして静寂。
誰もが息をのんで、バスの外を見ているように感じました。
テレビの中だけで見ていた映像が直接の視覚で自分の中に入ってくる衝撃というのは、非常に大きいものだと思います。
僕らはたった一軒の3分2の作業が進めただけです。現状を見れば、無力感すら感じます。


その後、僕らは鳴子の方にある「ホテルたきしま」に到着しました。
美味しい晩御飯を食べた後は、sizu恒例のカタリバです。
新しく出会った同年代の同じ学生達と意見や価値観、思考を交換できる貴重な場です。
夜遅くまで、このカタリバは続きました。

DSC_0218.jpg


2日目は、同宮城県内の「青葉城」を観光しました。
宮城県内の観光施設を利用し、お金を落とすことも一つの復興支援であると僕たちは考えています。

DSC_0244.jpg


そうして、1泊3日のTVPは終了しました。
なぜ、僕たちがコレを行なうのかというとsizuメンバーの通年であると言ってもいいかと思うのですが、「東日本大震災を風化させてはいけない」という一言に尽きるのではないか・・・と。

今後も、僕たちの生活の中で、社会の中で大震災のことについて語られていくでしょう。
それなのに、東日本大震災に関して目を向けなくなってくるというのは、あまりにも残念でなりません。

こうやって、考えてみてください。
もし、自分がそこにいたらと。自分と同じ環境に生まれて、自分と同じ年齢で、今まで同じ様に生活してきた人がそこにいて、自分が想像もできない苦しみを味わっている人がいたらと。

その人のために、現地に行くという動機だけで十分なのではないでしょうか。
同じ日本で起きていることです。なにより、自分自身の生活に影響を与えてすらいる事です。それを直接見ないうちから、何を語っても説得力がない。理論ではどうしようもないことが現地では起きているのです。「被災者、被災地」と自分とを区別して話すのは、少し違うかもしれませんが(石井ちゃんの意見に同意するよ!) 

やはり、日本に住んでいる以上、一度は現地に行くべきだと思います。自分の子供に今回の震災の話を聞かれて、「津波がきて大変で、こっちは停電とかなってたよ。」くらいしか言えないショボイ大人にはなりたくないでしょう。

東日本大震災は終わっていません。

そのことを、今回の参加者にはわかって欲しいですし、それを周りの人に教えてあげてください。自分の感じたこと、考えたこと、知ったことを広めてください。そして、決して風化させないでほしいです。
先ほど、「僕らが何かやったところで、変わらない。無力なんだ」という風に言いました。第一回のTVPのコンセプトも「無力感」でありました。
でも、最近は「無力」ではなくて「微力」ではあるんじゃないかと考えています。
是非とも、微力な力を一緒に集めていきましょう。何をすればいいのか分かりませんが、僕らがやれることがあるのは確かです。

かなり、主観が入ってしまいましたが、これをもってTVP3の報告とさせていただきます。
11月18日~20日までのTVP4の詳細は、近いうちにこのブログに載せたいと思います!
今回は、僕がPJリーダー的ボジションを与えてもらったので頑張ります!
よろしくお願いします!こんな駄文を読んでくださってありがとうございました!
そして、最後にTVP3関係者各位、参加者の皆様にお礼を申し上げます。

DSC_0168.jpg


伊豆市公認サークルsizu総務/法政大学2年
大塚眞
プロフィール

Sizu312

Author:Sizu312
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。